プライムデリカ株式会社-採用サイト

先輩後輩の仲が良い会社で成長のチャンスを活かす

入社1〜3年目の若手の皆さんに業務内容や仕事の醍醐味、さらにはプライムデリカの魅力などを語っていただきました。
おいしい食品づくりを通じて、それぞれに成長を実感しているようです。

本日はよろしくお願いいたします。
まずは皆さんがどんなお仕事をされているのかを教えてください。

  • 野田

    はい。私は【品質管理部門】で製造現場の衛生改善や品質改善に向けた取り組みを行っています。

  • 望月

    私は【商品開発部門】に所属して、軽食、主にパスタの商品開発を担当しています。

  • 丸山

    【製造部門】の中で包装業務を担当し、麺類などの軽食や惣菜商品の生産管理業務を行っています。

  • 柄谷

    私も望月さんと同じく【商品開発部門】で、調理パンの開発業務に就いています。

  • 川原田

    私は【製造部門】で調理パンの生産管理業務を担当しています。

皆さんがプライムデリカで働きたいと思ったきっかけはどんなものだったのですか?

  • 柄谷

    私は栄養学部の出身でまわりの友人はほとんど栄養士になりました。けれど私は栄養士よりも商品開発の仕事に憧れていて、食品会社に興味を持っていました。同時に、プライムデリカの送迎バスをよく見かけていたので、それをきっかけに会社を調べてみたら、「商品開発もやってるんだ…」と(笑)。

  • 丸山

    私も実家がプライムデリカの工場の近所なのですが、バスを見てというほどはイメージを持っていませんでした(笑)。私の場合はこれからますます便利さが追求される社会になっていった時に「中食」のカテゴリーはもっと伸びていくだろう。特にセブン-イレブングループの商品はもっと伸びていくだろうと思い、その一端を担いたいと思いこの会社を志望しました。

  • 望月

    私も柄谷さんと同じで大学で栄養学を学び、商品開発に興味があったのが志望動機です。社会に受け入れられるような「新しいものを作りたい」という気持ちを強く持って就職活動を進めました。

  • 野田

    私は大学が食品化学科で、そこで生物や化学を学びました。食品会社の特に品質管理部門でならば、そうした知識や経験を活かせるかなと思ったのが志望理由です。あと、会社のホームページを見ると、自分と同じ学校のOBがいらっしゃったので、それも安心というか理由の一つになりました。

  • 川原田

    私は昔から食品関係の仕事に就きたいという思いがありました。特に実家の近くにセブン-イレブンがあったので、どういう会社がこの商品を作っているのかなという興味をもって会社研究を進め、プライムデリカを志望しました。

入社後に驚いたことや印象に残ったことはありますか?

  • 川原田

    生産工場を見て、一日に生産する数がこんなに多いのかと驚きました。

  • 野田

    私はもっと機械を使っているのかと想像していたのですが、思った以上に人の手でていねいに作られていたのが印象的でした。

  • 望月

    それと一つの商品を意外と少ない人数で受け持っているのだなというのも私は意外でした。

  • 丸山

    出荷の時間があるので当然なのですが、あまりのんびりせずに良い意味で緊張感をもって皆さんが仕事をしていることが印象的でした。

  • 柄谷

    私が入社直後に配属された工場にはブラジルの方が多く、日本人との接し方の違いが面白いなと思いました。たとえば日本人はとにかく礼儀正しいのですが、ブラジル人はかなりフレンドリーだったり。

  • 川原田

    日系ブラジル人の方々はとにかく明るいですね。そして定時になるとパーッと帰ってしまう(笑)。もちろんそれは仕方ないのですが、時には残業をお願いしたいこともあるので、そうなると他のラインの方にお願いをしにいったりしなくちゃいけないこともあります。

  • 丸山

    やはり、人が足りないケースはときどき発生します。パートタイムのスタッフの方にすれば、残業しても構わない人、できれば早く帰りたい人、いろいろだと思います。そういう中で、「丸山さんの頼みなら残業してもいいよ」と言ってくださる方がいらっしゃるので、本当にありがたいと思います。日頃から、まめにコミュニケーションを取ってるから良いのかなと自分では感じています。

  • 川原田

    私も丸山さんと同じ職種ですが、忙しい時ほど、周囲と連携して、きちんと指示を出すのが大事だと感じています。

  • 野田

    生産現場を司る製造部門の方が他部署と連携してくれるのはとてもありがたいですね。品質管理部門としては、さらに気づいた点をマメにフィードバックしてくれるとありがたいなと思います。

  • 丸山

    他部署との一体感は大事ですね。品質管理部門への対応はもちろんですが、総務部門と数字や情報を共有することも大事です。現場が忙しいときほど、確認や報告が抜け落ちてしまうので、気をつけるようにしています。

  • 望月

    私は製造ではなく商品開発の仕事ですが、社外会議の内容など、報告は皆さん同様、すぐにするように心がけています。

職場の雰囲気についてはいかがですか?

  • 柄谷

    先輩も上司も楽しい人が揃っていてとても働きやすいです。ざっくばらんに話しても大丈夫なので、ストレスをためることなく仕事ができています。

  • 野田

    工場が違っても、入社年次が違っても、皆、気軽に話せる会社ですし、会社全体で仲が良いですね。

  • 川原田

    学生の頃の「会社」のイメージと違って話しやすい人が多いので楽しいですね。

  • 望月

    本当にみんな仲が良い会社だと思います。仕事中でもふとした合間にプライベートの話が入ったり、仕事のメリハリをつけながらリラックスして働ける会社だと思います。

仕事のやりがいはどんなところに感じていますか?

  • 丸山

    最近、自分自身でタイムテーブルをつくって動けるようになってきたので、自分の思い通りに生産スケジュールをコントロールできると充実感があります。突発的な事態に対しても、入社直後に比べれば、落ち着いて対応できるようになってきたと思います。

  • 柄谷

    私は商品開発担当なので、やはり自分の商品が世の中で売られるようになるというのが一番のやりがいです。

    もちろんお客様ありきの商品ですから100%自分のやりたいことができているかと言えば、必ずしもそうではないのですが、会議で議論を重ね、大変なところを乗り越えて完成した商品を、消費者の皆さんが喜んでくださるととてもうれしく感じます。

  • 望月

    私も同じです。自分の開発した商品がお店に並んでいるのを見ると達成感を味わうことができます。初めて店頭へ見に行った時に、思っていた以上にたくさん商品が並んでいて、ビックリしたのもおぼえています。

  • 川原田

    私はまだ入社1年目ですが、最近は一人で包装工程を管理できるようになり、うまく生産できるとやはりうれしく感じますし、自分で最近は少しずつ視野が広がってきたかなと実感できるので、こうした充実は早くから仕事を任せてもらえるこの会社だからこそ味わえる感覚かなと思っています。

  • 野田

    私は品質を管理する部門なので、工場が非常に慌ただしくなる繁忙期にエラーが起きないか、品質が落ちることはないかということに非常に気を配ります。事前に対策を講じ、それがきちんと機能して、予定どおりに繁忙期を乗り越えて、クオリティの高い商品をお届けできると、すごくやりがいを感じますね。

これから先、仕事にどんな目標をもっていますか?

  • 川原田

    まずは製造部門の仕事を一人でしっかりとみられるようになって、その後は他部門の仕事もできるようになれれば良いなと思います。そして長期的には、大勢の人をまとめて、引っぱっていけるような存在になれれば良いですね。

  • 柄谷

    今は調理パンを担当していますが、できれば他カテゴリの商品も担当してみたいと思っています。もともとデザートの開発に興味があったので、そちらをできるようになればうれしいです。

  • 丸山

    来年から新工場が稼働し、取扱いカテゴリが倍増します。なので私も、今は担当していない調理パンやデザートなど、新しい分野にチャレンジしていかなければいけないと感じています。

  • 望月

    私はもうちょっと段取り良く仕事が進められるようになりたいなと思っています。一つひとつの業務を迅速に進めながら、商品開発のプロセスをしっかりと理解した上で、より良い商品を開発していきたいと思っています。

  • 野田

    食品衛生に関してはさまざまな検査や審査があります。それらは品質管理部門が主体となって工場をリードしていかなければなりませんから、スムーズにそうした審査に対応できるようにしっかりと責任を果たせる存在になっていければ良いなと思っています。

    私自身、製造部門にいたこともあるので、現場の方々の気持ちも理解できますから、より現場に負担のない形で、品質の高い製造ができるような態勢づくりに貢献していければうれしいですね。

学生の皆さんへメッセージをお願いします

  • 野田

    就職活動は今まで生きてきた中で一番悩む時期だと思います。なので、悩むことは仕方ありません。しっかりと悩んで、そして目標へ向かって前進していってください!

  • 望月

    いろいろな会社を見て、そして自分に合った会社を見つけてください。プライムデリカは社員みんなの仲が良い会社なので、ぜひ当社もよろしくお願いします(笑)!

  • 丸山

    就職活動期間はいろいろな会社の中をのぞき見ることができる良い機会です。自分の目でしっかりと確認し、そして本当に行きたいと思える会社を選んでください!

  • 柄谷

    当社への就職で言えば、品質管理や商品開発を志望する方が多いと思いますが、入社後に思っていないところへ配属されるケースも出てきます。けれど、そこであきらめないで頑張っていれば、行きたいところへ行けるチャンスが数多くある会社でもあります。
    現に私自身も入社してから一年間は本社の管理部門に配属され、その後商品開発部門に異動しました。管理部門での経験が今の商品開発業務に役立っている面も多々あります。

    もちろん最初の配属先で充実した仕事に出会えるケースもありますし、チャンスも多い会社ですので、やりたいことをしっかりと胸にもって、ぜひチャレンジしていただきたいと思います!

  • 川原田

    就職活動期間中はどうしても他人と自分を比べてしまうと思います。そんな時にはしっかりと自分のやりたいことを見つめてみてください。プライムデリカは若手が多い会社で、先輩後輩の仲がとても良いので、本当に楽しく仕事ができます。ぜひ当社でいっしょに頑張りましょう!

もっと話を聞く

プライムデリカ株式会社に少しでも興味を持っていただけたならぜひエントリーしてください。
あなたにお会いできることを楽しみにお待ちしています。

エントリー